メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

「心の奥に残るものを」 ベルギーの作家 ワリー・デ・ドンケルさん

ワリー・デ・ドンケルさん=石村綾子撮影

 「子どもは誰でも質の高い本を得る権利がある」という思想に基づき、哲学的な児童文学を発表しているベルギーの作家、ワリー・デ・ドンケルさん(60)を招いた講演会が5月末、東京と大阪で開かれた。子どもの内面を育みたいとの信念が語られ、聴衆は熱心に聴き入った。

 ドンケルさんは小学校教師を経て、1989年から作家として活動している。作品はドイツや中国など18カ国で翻訳されているが、邦訳はない。大阪では大阪国際児童文学振興財団が主催した国際講演会で「ベルギーの児童文学~私の心に根ざす哲学」と題して講演した。

 自分が存在しなければ世の中にどんな影響が出るかを問う「Ik mis me」(ぼくがいないとさみしい)や、自らのルーツは祖先たちの深い愛情とつながっていることに気づかせる「Ik ben heel veel liefde」(私はとてもたくさんの愛)などの自作を紹介。読後に考えさせるような内容にする理由を「読者は考える中で新たなものの見方を得ることができる。作品を理解して感想を持つだけが大事ではない」…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです