メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

ダメオシ 実効性欠くウナギ資源管理 中央大准教授(保全生態学)・海部健三さん

 シラスウナギの漁獲と流通は現在、国ではなく都府県の管理になっている。自治体も一生懸命やっていると思うが、地域ごとに漁獲したシラスウナギの販売先ルールが違う上、どうしても地元で利益を囲い込んでしまう傾向もあり、不正な行為を誘発する余地が残る。そもそもウナギは日本だけでなく国際資源であり、国がリーダー…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです