メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

ダメオシ 実効性欠くウナギ資源管理 中央大准教授(保全生態学)・海部健三さん

 シラスウナギの漁獲と流通は現在、国ではなく都府県の管理になっている。自治体も一生懸命やっていると思うが、地域ごとに漁獲したシラスウナギの販売先ルールが違う上、どうしても地元で利益を囲い込んでしまう傾向もあり、不正な行為を誘発する余地が残る。そもそもウナギは日本だけでなく国際資源であり、国がリーダー…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです