メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

介護人材不足 採用難でベッド休眠

介護人材不足が招くリスクと対策/「働き手」の人口が減る中、介護の担い手の需要は増える一方/介護の有効求人倍率は全体の2倍以上

 高齢者施設や訪問介護事業所で働く介護職員の不足に歯止めがかかりません。スタッフが足りず一部のベッドを空いたままにする施設も出ていて、必要な介護サービスが受けられなくなる心配もあります。原因と対策を考えます。【原田啓之】

有効求人倍率3・50倍 現状は派遣社員頼み

 「今年度は2度も職員を募集したのに応募はゼロ。やむを得ず派遣社員に頼っているが、人繰りに余裕がない」。東京都杉並区の特別養護老人ホーム(特養)の管理者は肩を落とす。求人難は介護施設の切実な問題になっている。

 求職者1人に何件の就職先があるかを示す有効求人倍率は2017年の平均が1・50倍だったが、介護分野…

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1598文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 近畿、北陸、四国、九州で梅雨明け
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです