メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Stand・by・you!そばにいるよ

入所者と家族結ぶ 特養の生活相談員・中根優太さん(30)

中根優太さん=熊谷豪撮影

 神奈川県愛川町の特別養護老人ホーム(特養)「ミノワホーム」で生活相談員を務める。「この前、お名前を口にしてましたよ」。面会に来た入所者の息子や娘に、そんな近況を伝える。認知症のため変わりゆく中でも、親が子どもを忘れずにいてくれることに安心し、笑顔で帰っていく。

 特養は単に家族を預かっておしまいではない。入所者と家族の橋渡しをするのが大事な役回りだ。だから、家族との信頼関係を築くことが大切になる。

 「あの洋服を自宅から持ってきてほしい」。例えば、そんな入所者の要望にも、きめ細かく応じて家族に伝え…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文508文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです