メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、岡山県資料で1人確認

 旧優生保護法に基づき障害者らへの強制不妊手術が実施されていた問題で、岡山県は26日、女性1人が手術を受けたと確認できる資料が見つかったと発表した。県はこれまで、関連資料は廃棄した可能性が高いとしていたが、国の要請で調査範囲を拡大したところ、県庁に残されていた資料から見つかったという。県が手術の実施…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです