メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クジラ化石

新種 1991年に北海道・大樹町で発見

 北海道足寄町の足寄動物化石博物館は26日、1991年に大樹町で見つかったクジラの骨の化石が、約1500万年前に生息しその後絶滅したヒゲクジラ類の新種だったと発表した。現在も生息するヒゲクジラの進化過程は未解明の部分が多く、同館は解明する手がかりになるとしている。

 化石は頭蓋骨(ずがいこつ)と首、下あごの一部の…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです