みずほ証券

システム障害、117万口座に影響

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ証券は26日、インターネットで売買するシステムに障害が発生したと発表した。同日朝からネットで株、投資信託などの売買ができず、登録している117万口座に影響している。社内システム間のネットワークで不具合があったのが原因とみられ、復旧作業を急いでいる。金融庁は同日、トラブルの原因究明や顧客取引への影響などの報告を求めた。

 同社によると、22日午後6時ごろから25日にかけて、株などを注文する「みずほ証券ネット倶楽部」を通じた売買取引が成立しなかったり、処理が遅くなったりした。原因究明に時間がかかると判断し、26日午前6時のサービス開始から売買の受け付けを全面停止した。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文558文字)

あわせて読みたい

注目の特集