メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IWC総会

日本政府が商業捕鯨再開を提案へ

 政府は26日、9月にブラジルで開催される国際捕鯨委員会(IWC)総会で、資源が豊富な鯨種に限って、一時停止している商業捕鯨の再開を提案すると明らかにした。自民党の会合に示し、了承された。ただ、反捕鯨国の反対は根強く、合意を得られるかは見通せない。

 IWCは1982年、商業捕鯨の一時停止(モラトリアム)を決定。クジラの科学的な資源評価を行った上で、一時停止を見直すことにしていた。日本が商業捕鯨の再開を提案するのは2014年以来。当時は資源の回復が認めら…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです