メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

絢子さま婚約で浮き彫りになる担い手問題

婚約されることになった高円宮家の三女絢子さま=2018年5月17日撮影(宮内庁提供)

 高円宮さまの三女、絢子さま(27)が婚約されることになり、皇族の減少という喫緊の課題が改めて浮き彫りになった。現制度では女性皇族は結婚により皇族を離れるため、公務の担い手は減る一方だ。男系継承を重視する安倍政権は、皇位を安定的に継承する抜本改正に踏み込まない方針だが、担い手確保の緊急避難策の議論さえ置き去りにされている。

 菅義偉官房長官は26日の記者会見で「皇族方の年齢からしても先延ばしすることはできない重要な課題だ。…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 羽生は11番目 フィギュアNHK杯男子滑走順決まる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです