メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

攻防続くIR実施法案 無責任な「万全の対策」 カジノ企業の売り上げ優先?

米国のホテル内のカジノ。日本でも統合リゾート(IR)実施法案が成立すれば、カジノが定着するのだろうか=米ラスベガスで2017年1月5日、土屋渓撮影

 政府はカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を今国会で成立させたい考えだ。注目のギャンブル依存症対策について、安倍晋三首相は「世界最高水準のカジノ規制を導入し、万全の対策を講じている」と誇る。本当だろうか。【石塚孝志】

 主なカジノ規制は▽入場回数を週3回・28日間で10回に制限▽入場回数の確認手段として、マイナンバーカードによる公的個人認証の義務づけ▽日本人と国内居住の外国人の入場に6000円を徴収--などだ。

 これに対し、日本弁護士連合会は4月27日と6月19日の会長声明で、「7日間に3回もカジノ施設に入場すれば、既にカジノに入り浸っている状況」「24時間営業のギャンブル施設で最大3日、72時間も居続けることができる」と問題点を挙げた。さらに、日本が参考にしたシンガポールの場合、入場回数が最大月8回、入場料は約8000円だとして、「世界最高水準とは言えない」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り2132文字(全文2526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです