メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

清和70周年記念書展 会の基盤を見つめ直す

 清和70周年記念書展(7月1日まで、東京・銀座の鳩居堂画廊)は、創設者の足跡を再評価することにより会の基盤を見つめ直そうとの狙いが込められているとみた。

 植村和堂さんは1906年、東京都生まれ。相澤春洋、益田石華、田中親美に師事。48年、清和書道会を設立。古筆の研究や写経の探求でも知られた。毎日書道展の創設に参画。95年、毎日書道顕彰(啓蒙(けいもう)部門)。毎日書道展名誉会員。2002年に96歳で死去した。

 和堂さんの幅広い書業が見渡せる構成。田中親美の美麗な紙を使ったかな作品「いにしへにありきあらずは……

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1073文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです