メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

青年団「日本文学盛衰史」 交わす言葉、重なる現代=評・濱田元子

 明治の作家たちが新しい言葉と表現を追い求める苦悩をポップに、そしてアイロニカルな笑いを交えて描く。平田オリザの2年ぶりの新作は、高橋源一郎の同名小説が原作だ。

 全4場の舞台は、自由民権運動に挫折した北村透谷、俳句の改革者の正岡子規、言文一致小説の嚆矢(こうし)となった二葉亭四迷、近代文学を代表する夏目漱石の4人の葬儀という、文学史の節目に設定して展開する。

 弔問に訪れるのは森鴎外(山内健司)や田山花袋(島田曜蔵)、島崎藤村(大竹直)、漱石(兵藤公美)、樋口一葉(小瀧万梨子)ら誰もが知っているそうそうたるメンバー。文学上の問題から世情まで、さまざまな言葉を交わしていく。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  2. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  3. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  4. ORICON NEWS 『半妖の夜叉姫』公式が注意喚起、スタッフのなりすましツイッター確認

  5. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです