メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

何のため生まれた 結婚断念、自殺も考え 一斉提訴

提訴を前に思いを語る強制不妊手術訴訟原告の渡辺数美さん=熊本市中央区で2018年6月28日午前11時13分、森園道子撮影

 旧優生保護法下で不妊手術や人工妊娠中絶を強いられたとして、北海道と熊本県に住む70~80代の男女3人が28日、国に損害賠償を求める訴えを札幌、熊本両地裁に起こした。5月に続く一斉提訴の第2陣。「子どもを産み育てたかった」と嘆く北海道の女性(75)と夫(81)。「何のために生まれてきたのか」と自殺を考えた熊本の渡辺数美さん(73)。行政と国会による障害者排除の責任を司法に問う。

この記事は有料記事です。

残り1808文字(全文1998文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです