メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京電力

原発災害対策支援拠点 出雲崎に4カ所目、整備へ /新潟

 東京電力は柏崎刈羽原発の4カ所目の災害対策支援拠点を、2020年をめどに出雲崎町内に整備する。拠点数を増やすことで重大事故時の備えを充実させ、同原発再稼働に向けた地元の理解を取り付けたい考えだ。

 整備予定地は同原発の北東約16キロの同町沢田杉尾で、面積は約2万5000平方メートル。既に用地を取得し、20年1月ごろまでに倉庫や…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で372人の感染確認 7日連続で300人超 新型コロナ

  2. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 宝塚ならではのコーヒーいかが 自家焙煎の3店がネットで淹れ方指南 兵庫

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです