メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井地震70年

本紙記者、故田中忠さん 夜を徹し50キロ、報道フィルム運び 命懸けで伝えた被害 /北陸

田中忠さん=田中昌幸さん提供

 裂ける大地を、傷ついた被災者を、伝えた記者がいる。1948年6月28日に発生した福井地震の当時、毎日新聞福井支局員だった田中忠さん(68年に52歳で死去)。福井、石川の両県で3769人が犠牲になった激しい揺れに福井市の電信電話網は絶たれ、余震の続く夜を徹して約50キロ南の福井県敦賀市までフィルムを運んだ。元高校教諭の長男昌幸さん(73)は「記者魂の塊のような父でした」と語る。敦賀から電送された写真は被災2日後の朝刊に掲載され、福井地震の被害を全国に伝えた。【平川哲也】

 両手のひらに収まるカメラの革製カバーに、「毎」の字をあしらった古い社章が貼られている。福井県南越前町の自宅で大事そうにそれを抱え、昌幸さんが言った。「父の遺品です。福井地震のときも、このカメラを使っていたのかもしれない」。壁に掲げた忠さんの遺影を見上げ、在りし日の父をしのんだ。

この記事は有料記事です。

残り2373文字(全文2750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです