メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井地震70年

本紙記者、故田中忠さん 夜を徹し50キロ、報道フィルム運び 命懸けで伝えた被害 /北陸

田中忠さん=田中昌幸さん提供

 裂ける大地を、傷ついた被災者を、伝えた記者がいる。1948年6月28日に発生した福井地震の当時、毎日新聞福井支局員だった田中忠さん(68年に52歳で死去)。福井、石川の両県で3769人が犠牲になった激しい揺れに福井市の電信電話網は絶たれ、余震の続く夜を徹して約50キロ南の福井県敦賀市までフィルムを運んだ。元高校教諭の長男昌幸さん(73)は「記者魂の塊のような父でした」と語る。敦賀から電送された写真は被災2日後の朝刊に掲載され、福井地震の被害を全国に伝えた。【平川哲也】

 両手のひらに収まるカメラの革製カバーに、「毎」の字をあしらった古い社章が貼られている。福井県南越前…

この記事は有料記事です。

残り2463文字(全文2750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです