メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災禍の記憶

福井地震70年/下 住民、くじけず街再建 震災耐えた桜、心の支え 崩壊、丸岡城復元も後押し /福井

丸岡城で地震の体験を語る白崎昭夫さん=福井県坂井市で、岸川弘明撮影

 1948年6月28日に発生した福井地震の震源は丸岡町(現坂井市)だった。安土桃山時代に築かれた丸岡城も激しい揺れで原形をとどめることなく崩壊した。坂井市の白崎昭夫(てるお)さん(91)は、当時は城の近くにあった丸岡中学校の教諭だった。校庭でバレーボールの練習に励む生徒たちを見ていた時、ネットを張るポールにしがみつかなければ立っていられないほどの揺れに襲われた。

 「城の天守が宙に浮き、石垣との間に向こう側の空が見えた」。直後に目の前の校舎が潰れ、土煙で視界が遮…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです