メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インターンシップ

新米漁師、答志島で奮闘 県が後押し 愛知・日進出身の18歳 /三重

 鳥羽市の答志島で、愛知県日進市出身の山内晟之朗(せいしろう)さん(18)が新米漁師として奮闘している。「幼稚園に通っていた頃から漁師になるのが夢だった」。三重県の漁業インターンシップ事業に背中を押され、大きな一歩を踏み出した。【山本萌】

     山内さんは幼い頃から、父や祖父の影響で釣りを通じて魚に魅力を感じてきた。実家は接骨院を営むが、将来は魚に関わる仕事がしたいと考えた。高校入学後、進路を決めかねていた時に担任から同事業を紹介された。「最初は参加するか迷いましたが、体験を通じてますます興味が沸きました」。4泊5日で答志島へ渡り、和具漁港で養殖ワカメの収穫から出荷までを手伝った経験が忘れられなかった。大学進学を勧める両親を説得し、今年4月、当時の受け入れ先でもあった山本千年さん(57)の元で漁師として住み込みで働き始めた。

     漁師の朝は早く、漁によっては午前3時半に出港することも。「生活時間が真逆になったので、最初は体が慣れずしんどかったです」。それでも踏ん張れるのは、和具で取れた魚をおいしいと言ってくれる人たちがいるからだ。漁師歴約40年の山本さんは「受け入れたのは初めて。責任を感じています」と、手探りで指導する日々。山内さんは「海の上では命がかかっているので厳しいけど、陸に上がれば両親より優しいんですよ」と笑顔を見せた。

     県は8日から、今年度の「漁業インターンシップ」参加者を募集している。応募期限は来年2月末までで、定員は最大10人。県内の高校や大学などに在籍しているか、将来県内での漁業就労を考えている学生が対象だ。

     水産資源・経営課によると、過去2年間で17人の参加があり、うち6人が県外からの参加者だった。山内さんは「インターンシップに参加することで積極性が身についた。絶対に何かが財産として残るので、迷っているなら参加してみて」と話している。問い合わせは同課(059・224・2606)。

    〔三重版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
    2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
    3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
    4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
    5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]