メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

大塩平八郎ゆかりの地=大阪市 「世直しの人」今も人気

大塩事件研究会が建てた追悼碑「大塩平八郎終焉の地」=大阪市西区靭本町1で、中川博史撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 飢饉(ききん)にあえぐ庶民の救済を求め、門人らを率いて大阪の地で挙兵した大塩平八郎(1793~1837年)。私腹を肥やす役人や豪商を断罪した元奉行所与力による幕末の決起「大塩平八郎の乱」は、今も脈々と語り継がれる。政治権力の不正や腐敗に、諦め感が先立ってしまう昨今の世情。大塩なら、どう考えただろうか?【中川博史】

 大阪市西区の靭公園の南側、本町通沿いに「大塩平八郎終焉(しゅうえん)の地」と書かれた追悼碑が建つ。…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1141文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです