メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

須磨海浜水族園のなかまたち

ラッコ飼育のこれまでとこれから 高齢化と繁殖難しく減少 /兵庫

 プカプカ浮かぶ姿がかわいらしいラッコですが、近い将来日本の水族館では見られなくなるかもしれません。現在、当園では1999年生まれのメス1頭(19歳)と、そのお婿さん候補として新潟市水族館からやってきたオス1頭(20歳)を飼育しています。2017年末時点で、日本の水族館で飼育されているラッコの平均年齢は約15歳です。寿命は15年から20年と言われており、高齢化は深刻な状況です。また、飼育頭数はピーク時の122頭(94年)から、今ではわずか10頭に減少してしまいました。水族館のラッコは、なぜこんなに少なくなったのでしょう。

 大きな要因は二つ考えられます。一つ目は、海外からの輸入が途絶えたことです。ラッコは北太平洋の沿岸に…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1171文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ORICON NEWS 楽天・松井裕樹&石橋杏奈が結婚「より一層野球に精進」
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです