メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モンドセレクション

久留米市のボトル水道水が2回目の金賞受賞 /福岡

「くるめ銘水 放光寺 筑後川のめぐみ」を前に、認定証書とメダルを手にする市職員=福岡県久留米市合川町で2018年6月27日、高芝菜穂子撮影

 久留米市の水道水をボトルに詰めた「くるめ銘水 放光寺 筑後川のめぐみ」(490ミリリットル、100円)が、国際的な品質評価機関「モンドセレクション」(本部・ブリュッセル)の審査で金賞を受賞した。受賞は2014年に続き2回目。

 このボトル水は、筑後川から取水し、放光寺浄水場(同市山本町)で製造した水道水を、さらに活性炭でろ過し、塩素を減らして詰めている。災害用の備蓄品や水道水のPR用に1998年度から製造を始め、年間約3万2000本製造。JR久留米駅や市役所など市内5カ所で販売している。

 前回の受賞結果の本体表示が3年間と定められているため再応募した。部門はビール、水、ソフトドリンク部門で、審査された水質や味、匂いなどが高く評価された。受賞決定は先月で、今月12日、市に認定証書と金賞のメダルが届いた。

 市上下水道部の柿原浩幸・営業管理課長は「久留米の水道水が『安全でおいしい』とお墨付きをもらった。水が豊かな街・久留米のシンボルとして、定住促進や企業誘致にも活用したい」と話した。【高芝菜穂子】

〔筑後版〕

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  2. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  3. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  4. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
  5. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]