メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

被災者に振る舞い好評 炊き出しレシピを本に 益城の中華料理店の体験まとめる /熊本

 熊本地震の発生後、熊本県益城町の中華料理店が被災者に振る舞って好評だった簡単炊き出しメニューの数々が料理本「おいしいミニ炊き出し レシピブック」として刊行された。災害発生直後から時間とともに変化するインフラの状況や手に入る食材、被災者の心身の状態に合わせ、手軽にできる53のお勧め料理を紹介している。【福岡賢正】

 炊き出しをしたのは同町広崎の中華料理店「藍(らん)・天」を営む満田寛之さん(42)、結子さん(42)夫妻。熊本地震の本震翌日の2016年4月17日、店先で蒸した点心と豚汁を振る舞ったのを皮切りに、5月末まで店先や小学校、福祉施設、知人宅などで炊き出しを続けた。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです