メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 盛り上げよう 大分市が実行委発足 警察など27団体、事業計画を議論 /大分

 県内でも試合が行われる来秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に向け、大分市は「市ラグビーワールドカップ2019支援事業実行委員会」を発足した。経済や観光、警察など27団体で構成。W杯を盛り上げるため、旧パルコ跡地に整備する祝祭広場の活用やボランティア育成などを検討する。

 4日にあった第1回総会では、今年度の事…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文382文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  2. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 
  3. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  4. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  5. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです