メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸春秋

お家騒動 異例の社長交代巡り対立

大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞の贈呈式であいさつする松井清人・文芸春秋前社長=東京都千代田区で13日

 大手出版社「文芸春秋」(東京都千代田区)が社長交代を巡って揺れている。松井清人(きよんど)前社長(67)が慣例を破って経理畑の常務だった中部嘉人(なかべよしひと)氏(58)を社長に指名したのに対し、複数の役員・幹部が撤回を求めたのだ。結局、中部・新社長が誕生したが、社員には不安の声が消えない。週刊文春がスクープを連発し「文春砲」ともてはやされる中、お家騒動はどうなるのか。

 発端は松井前社長が4月に示した人事案だった。松井氏が会長に就き、編集出身者が就任することの多かった…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1327文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです