メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸春秋

お家騒動 異例の社長交代巡り対立

大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞の贈呈式であいさつする松井清人・文芸春秋前社長=東京都千代田区で13日

 大手出版社「文芸春秋」(東京都千代田区)が社長交代を巡って揺れている。松井清人(きよんど)前社長(67)が慣例を破って経理畑の常務だった中部嘉人(なかべよしひと)氏(58)を社長に指名したのに対し、複数の役員・幹部が撤回を求めたのだ。結局、中部・新社長が誕生したが、社員には不安の声が消えない。週刊文春がスクープを連発し「文春砲」ともてはやされる中、お家騒動はどうなるのか。

 発端は松井前社長が4月に示した人事案だった。松井氏が会長に就き、編集出身者が就任することの多かった社長に、経営企画室担当常務の中部氏を充てるという内容だった。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1327文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです