メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

民泊新法、低調な滑り出し 活用への議論、積極的に=ガン・クリスティーナ(長野支局)

タクシーを待つ外国人観光客。民泊利用者の多くは外国人だ=JR名古屋駅で15日、ガン・クリスティーナ撮影

 住宅宿泊事業法(民泊新法)が15日に施行された。営業に必要な届け出さえすれば、一般住宅やマンションの空き部屋に旅行者を有料で泊める民泊ができるようになった。しかし観光庁によると、届け出があった物件数は15日現在で3728件。5月末時点で、民泊仲介サイトの世界最大手・米エアビーアンドビーに約5万5000件が紹介されていたのに比べると、極めて低調な滑り出しに思える。

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2029文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

  3. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  4. 運命の選考委スタート 第92回選抜高校野球 午後3時からの出場校発表をライブ中継

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです