メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダン

和平合意 内戦両トップ会談 実現は不透明

 【ナイロビ共同】2013年12月から続く南スーダン内戦を巡り、キール大統領と亡命中の反政府勢力トップ、マシャール前第1副大統領が27日、隣国スーダンの首都ハルツームで会談し、和平に合意した。72時間以内に停戦するという。ロイター通信がスーダン外相の話として報じた。

 ただ、政府軍と反政府勢力はこれまで何度も停戦に合意したが、戦闘が再燃し破綻した。今回の合意で、早期に和平が実現するかは不透明だ。

 キール氏とマシャール氏は、住民の避難と支援物資輸送のための「人道回廊」の設置や捕虜の釈放、戦闘地域…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文582文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ社長「容疑者と面識なし」「建物取り壊す」 過去の作画、資料ほぼ全て焼損
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 大雨警戒レベルを5段階に 危険度分かりやすく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです