メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
経済観測

備えあれば憂い少なし=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 大阪で観測史上初めての震度6弱を記録した大阪北部地震から10日になる。まだ、体育館などに避難されている方も多いが、心配された大きな余震はなく、このまま収まってくれればと祈るばかりだ。被災地域には、国家公務員共済組合連合会が運営する病院や宿泊施設も複数あったが、連合会の本部からは、被災状況の報告を受けた後、震源地に隣接する枚方公済病院に対して被災者対応が必要になるようであれば、万全を期すようにとの指示を行った。

 ちなみに、連合会施設の業務被害で大きなものは、エレベーターが止まったことによる宿泊施設に対するもの…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文710文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 京都アニメ放火 「実名早期公表を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです