メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

支払い先送りサービス 安易な買い物で借金苦

え・清田万作

 通(つう)販(はん)サイトの決済方法の一つに、支(し)払(はら)いを先送りできるサービスがある。入金前に商品が届くので人気の一方、安易に買いすぎて滞(たい)納(のう)に苦しむ若者もいる。

 例えば、あるファッション通販サイトは商品の支払いを最大2カ月遅(おく)らせることができる。飲食などの代金をその場ではなく後日まとめて支払う、いわゆる「ツケ」のような仕組みだ。だが、支払いのことを考えずに、欲しいものを手に入れたことに後(こう)悔(かい)する人も。「支払いも日に日に迫(せま)ってる、ああ恐(おそ)ろしや」「いつの間にか鬼(おに)のような借金背負(せお)ってて草」。ツイッター上には、こうした投(とう)稿(こう)があふれる。「法的措(そ)置(ち)をとる」と督(とく)促(そく)されたケースすらある。

 10代のある男性はサイトで雑貨や洋服を買うことが多い。ある時、この決済方法でカバンを購(こう)入(にゅう)したが支払いが滞(とどこお)ってしまった。同居する母親が支払いを督促するはがきを見つけ、国民生活センターに相談を寄せた。「息(むす)子(こ)は商品が先に届くのがメリットだと感じたようだが、未成年者にこのサービスを選(せん)択(たく)させて販(はん)売(ばい)するのは問題ではないか」と訴(うっ…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです