メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
将棋

第76期名人戦七番勝負 挑戦者・羽生善治竜王-佐藤天彦名人 第5局の9

商店街ぐるみの名人戦 観戦記・甘竹潤二

 ここ万松寺は、名古屋の繁華街として知られる大須商店街のど真ん中にある珍しいお寺である。入り口の電光掲示板では名人戦が紹介され、開催を記念した限定の御朱印を求めるファンが長い行列を作り、その様子を地元テレビ局が中継した。

 対局室のすぐ下の階にある本堂では毎日読経が行われるのだが、名人戦の2日間は心の中で読む「心経」にした。さい銭箱は音が響きにくいように金属製から木製のものに替え、商店街のにぎやかな宣伝やBGMも止めてもらったという。地元に密着した万松寺ならではの配慮である。

 2日目午後の戦いに入った。図の[後]5四角では(1)[後]2四飛[先]3四歩[後]同飛[先]同飛[…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文660文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです