メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

119番元素、合成に挑む 理研、ニホニウムに続く命名なるか

119番元素を探す

 アジア初の快挙となる原子番号113番の新元素「ニホニウム」を合成・命名した理化学研究所の研究チームが今年、改良した装置で未知の119番元素合成に向けた実験に乗り出した。自然界には存在しない新元素の合成は、世界的な競争となっている。【酒造唯】

 ●検出へ磁力アップ

 埼玉県和光市の理化学研究所で5月、119番元素を見つけるための新しい検出装置「GARIS2(ガリス2)」が報道陣に公開された。黄色と緑色に塗られた五つの巨大な磁石が並んだ構造で、全長は5・1メートル。理研の森本幸司チームリーダーは「ガリス2は、できた新元素とそれ以外の“ごみ”を磁力などでより分ける重要な役目があります」と解説した。

 新元素は、既存の軽い元素を加速器で加速してビームにし、標的の重い元素にぶつけ、核融合させて合成する…

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1702文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです