メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 北海道、熊本の男女3人が提訴

 旧優生保護法(1948~96年)下で人工妊娠中絶や不妊手術を強いられ、憲法が保障する幸福追求権やリプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)などを侵害されたとして、北海道の夫婦と熊本県の男性の70~80代男女3人が28日、国に総額5500万円の損害賠償を求めて札幌、熊本の両地裁にそれぞれ提訴した。旧法が96年に母体保護法に改定された後も救済措置を取らなかったとして、国や国会の不作為も追及する。旧法を巡る一斉提訴は5月17日に次ぐ2例目で西日本では初。原告は計7人となった。

 中絶と不妊を同時に受けた被害者の請求は初のケースで、この北海道の女性(75)の夫(81)も「家族形…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1121文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです