メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひたちなか海浜鉄道

「招き猫」ミニさむが「箱入り娘」に

事務室の扉の前で「脱走」の機会をうかがう駅猫ミニさむ=茨城県ひたちなか市の那珂湊駅で、米田堅持撮影

 茨城県ひたちなか市の第三セクター「ひたちなか海浜鉄道」(勝田-阿字ケ浦、14.3キロ)が2017年度決算で黒字になった。東日本大震災の復旧工事で国から補助金を受けた11年度を除けば、発足10年で初めての単年度黒字だ。一時は廃線の危機にあったローカル線は、地域密着の地道な努力で一転し、現在は路線延伸の動きも具体化している。そんな同鉄道の「顔」として親しまれているのが那珂湊駅にすむ2匹の駅猫、雄の「おさむ」と雌の「ミニさむ」だ。最近は駅の中にいることが増えたというミニさむをカメラに収めようと現地へ向かった。【米田堅持】

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです