メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「何のために生まれた」 提訴の渡辺さん

提訴の前に思いを語る強制不妊手術訴訟原告の渡辺数美さん(左から4人目)=熊本地裁前で2018年6月28日午前11時13分、森園道子撮影

 旧優生保護法下で不妊手術や人工妊娠中絶を強いられたとして、北海道の夫婦と熊本県の男性の計3人が28日、国に損害賠償を求める訴えを札幌、熊本両地裁に起こした。5月に続く一斉提訴の第2陣。「子どもを産み育てたかった」と嘆く北海道の女性(75)と夫(81)。「何のために生まれてきたのか」と自殺を考えた熊本の渡辺数美さん(73)。行政と国会による障害者排除の責任を司法に問う。

 人生が終わったと思った--。熊本の渡辺さんは、母親から子供の頃に睾丸(こうがん)摘出の手術を明かさ…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです