メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井地震

裂ける大地、50キロ歩いて届けた現場写真

1948年6月30日付毎日新聞(東京本社発行)に掲載された福井地震の惨状を伝える写真。田中忠さんが福井市から福井県敦賀市まで運んだ

 裂ける大地を、傷ついた被災者を、伝えた記者がいる。1948年6月28日に発生した福井地震の当時、毎日新聞福井支局員だった田中忠さん(68年に52歳で死去)。福井、石川の両県で3769人が犠牲になった激しい揺れに福井市の電信電話網は絶たれ、余震の続く夜を徹して約50キロ南の福井県敦賀市までフィルムを運んだ。元高校教諭の長男昌幸さん(73)は「記者魂の塊のような父でした」と語る。敦賀から電送された写真は被災2日後の朝刊に掲載され、福井地震の被害を全国に伝えた。

この記事は有料記事です。

残り2541文字(全文2772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです