メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井地震70年

翌月施行「公安条例」 救援活動も拘束

70年前の福井地震での体験を思い出しながら語る多田崇子さん=札幌市南区で2018年5月19日、貝塚太一撮影

 1948年6月28日の福井地震で、救援に入った学生らが警察当局に相次いで拘束された。占領統治した連合国軍総司部(GHQ)の意向で福井県・市が災害時の秩序維持を名目とする全国初の「公安条例」を制定したためで、左派勢力寄りと目されれば検挙対象となった。70年後の今、大災害時に個人の権利が制約されかねない憲法改正の動きもあり、かつての拘束者は警鐘を鳴らしている。【岸川弘明】

 扇動的な言動や不確実な情報の流布を禁じた県と市の条例は地震の翌月に施行された。福井県史通史編6(9…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです