メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井地震70年

翌月施行「公安条例」 救援活動も拘束

70年前の福井地震での体験を思い出しながら語る多田崇子さん=札幌市南区で2018年5月19日、貝塚太一撮影

 1948年6月28日の福井地震で、救援に入った学生らが警察当局に相次いで拘束された。占領統治した連合国軍総司部(GHQ)の意向で福井県・市が災害時の秩序維持を名目とする全国初の「公安条例」を制定したためで、左派勢力寄りと目されれば検挙対象となった。70年後の今、大災害時に個人の権利が制約されかねない憲法改正の動きもあり、かつての拘束者は警鐘を鳴らしている。【岸川弘明】

 扇動的な言動や不確実な情報の流布を禁じた県と市の条例は地震の翌月に施行された。福井県史通史編6(9…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 令和初 春の褒章670人に
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです