メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

「同じ姿勢で」 今夜ポーランド戦

ポーランド戦に向けて調整する柴崎(手前右)らサッカー日本代表の選手たち=ロシア・カザンで2018年6月26日、大島祥平撮影

 2大会ぶりの決勝トーナメント進出をかけた日本代表は大一番を前に独特の緊張に包まれている。「ある種、危険な雰囲気を感じている」。試合会場であったポーランド戦に向けた前日練習後、柴崎(ヘタフェ)の表情は厳しかった。

 日本は引き分け以上で無条件、負けても1次リーグ突破の可能性がある状況だ。どの選手も気の緩みはないが「引き分けなら」「負けても」という選択肢の多さが、どこか心持ちでの難しさを生じさせてもおかしくない。柴崎は「今までの試合と同じ姿勢で臨む必要がある」と油断を戒める。

 日本は初戦でコロンビアに2-1で勝ち、第2戦は2度のリードを許しながらセネガルと2-2で引き分けた…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文669文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 皇后さま84歳 陛下と静かに心豊かに 探偵小説楽しみに
  3. 有害物混入ワイン ネットで落札 30年以上前に製造
  4. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人
  5. 女の気持ち 命日のサンマ 札幌市中央区・堀川真弓(無職・68歳)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです