メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・父殺害

43歳長女に懲役13年の実刑判決

 2016年9月に奈良県安堵町の無職、川勝弘さん(当時74歳)を殺害し、山林に捨てたとして殺人と死体遺棄の罪に問われた長女陽子被告(43)の裁判員裁判で、奈良地裁(西川篤志裁判長)は27日、懲役13年(求刑・懲役18年)の判決を言い渡した。

 陽子被告は無罪を主張していたが、西川裁判長は「陽子被告が主…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. AV問題 フリー女優連盟が発足 出そろった業界団体
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです