メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・父殺害

43歳長女に懲役13年の実刑判決

 2016年9月に奈良県安堵町の無職、川勝弘さん(当時74歳)を殺害し、山林に捨てたとして殺人と死体遺棄の罪に問われた長女陽子被告(43)の裁判員裁判で、奈良地裁(西川篤志裁判長)は27日、懲役13年(求刑・懲役18年)の判決を言い渡した。

     陽子被告は無罪を主張していたが、西川裁判長は「陽子被告が主導して殺害したことは明らか」と認定した。

     公判では、凶器や具体的な殺害方法に関する証拠が出ていなかったが、判決では陽子被告が事件前に「さっさと殺してしまえ」と記したメモなどを根拠に、弘さんに殺意を抱いていたと判断した。弁護側は控訴する方針。

     地裁は陽子被告と共謀したとして起訴された弘さんの妻正枝被告(65)について、今年2月に殺人罪を無罪とし、死体遺棄罪で懲役1年6月、執行猶予3年を言い渡したが、検察側が控訴している。【数野智史】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
    3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
    4. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
    5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]