メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

48年福井地震

阪神大震災に匹敵 震源地は震度7相当

強い揺れと火災で壊滅状態となった福井市内。中央を左右に横断する道路は大名町通り(市役所屋上から西方向を望む)=1948年6月撮影

当時の東大地震研究所被災アンケートを現メンバーら分析

 1948年6月28日に発生した福井地震の直後、東京大学地震研究所が実施した被災アンケートを地震研現メンバーらが分析し、震源地は震度7相当の被害だったとする調査結果をまとめた。戦後間もなくの被災で不明点も多く、震度は当時最大の「6」とされていたが、翌年新設される「7」の初適用となった阪神大震災(95年)に匹敵すると分析で裏付けられ、震度分布も従来の倍以上の545地点を初めて推定した。

 28日で発生から70年。18日の大阪北部地震で都市の減災が改めてクローズアップされ、同じ直下型の福…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1070文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 交通事故 ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです