メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

リュウグウ到着「これから人類未踏の探査に」

模型の「はやぶさ2」(手前と奥)「小惑星リュウグウ」(左奥)と記念撮影に応じるJAXAの津田雄一プロジェクトマネジャー(左から3人目)ら関係者=相模原市中央区で2018年6月27日午後4時5分、渡部直樹撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同日午前9時35分に小惑星リュウグウの上空約20キロの地点に到着したと発表した。2014年12月の打ち上げ以降、3年半で約32億キロを飛行し、地球から約2億8000万キロ離れた目的地にたどり着いた。今後、約1年半の間に3度リュウグウに着陸して岩石を採取し、20年に地球に持ち帰る計画だ。

 日本の小惑星探査は、10年に小惑星イトカワから試料を持ち帰った初代「はやぶさ」以来。リュウグウは生…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです