特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2

リュウグウ到着「これから人類未踏の探査に」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
模型の「はやぶさ2」(手前と奥)「小惑星リュウグウ」(左奥)と記念撮影に応じるJAXAの津田雄一プロジェクトマネジャー(左から3人目)ら関係者=相模原市中央区で2018年6月27日午後4時5分、渡部直樹撮影
模型の「はやぶさ2」(手前と奥)「小惑星リュウグウ」(左奥)と記念撮影に応じるJAXAの津田雄一プロジェクトマネジャー(左から3人目)ら関係者=相模原市中央区で2018年6月27日午後4時5分、渡部直樹撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同日午前9時35分に小惑星リュウグウの上空約20キロの地点に到着したと発表した。2014年12月の打ち上げ以降、3年半で約32億キロを飛行し、地球から約2億8000万キロ離れた目的地にたどり着いた。今後、約1年半の間に3度リュウグウに着陸して岩石を採取し、20年に地球に持ち帰る計画だ。

 日本の小惑星探査は、10年に小惑星イトカワから試料を持ち帰った初代「はやぶさ」以来。リュウグウは生命に不可欠な有機物や水を比較的豊富に含んだ鉱物があると考えられており、実物を地球に持ち帰って分析することで太陽系の成り立ちや生命の起源に迫れると期待されている。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文604文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集