メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

リュウグウ到着「これから人類未踏の探査に」

模型の「はやぶさ2」(手前と奥)「小惑星リュウグウ」(左奥)と記念撮影に応じるJAXAの津田雄一プロジェクトマネジャー(左から3人目)ら関係者=相模原市中央区で2018年6月27日午後4時5分、渡部直樹撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同日午前9時35分に小惑星リュウグウの上空約20キロの地点に到着したと発表した。2014年12月の打ち上げ以降、3年半で約32億キロを飛行し、地球から約2億8000万キロ離れた目的地にたどり着いた。今後、約1年半の間に3度リュウグウに着陸して岩石を採取し、20年に地球に持ち帰る計画だ。

 日本の小惑星探査は、10年に小惑星イトカワから試料を持ち帰った初代「はやぶさ」以来。リュウグウは生命に不可欠な有機物や水を比較的豊富に含んだ鉱物があると考えられており、実物を地球に持ち帰って分析することで太陽系の成り立ちや生命の起源に迫れると期待されている。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです