メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新宿区

「デモ全体の制約直結に懸念」 出発地公園限定に

8月からデモ出発地として許可されない見通しになった新宿区立柏木公園=同区西新宿7で2018年6月27日午後1時31分、福沢光一撮影

 東京都新宿区が27日、デモの出発地に使える公園を、現行の4園から1園に減らす考えを示した。区はヘイトスピーチをきっかけとした総合的な判断だとしているが、区民などから「デモ全体の制約につながりかねない」との批判が出ており、論議を呼びそうだ。

 区の方針は同日の区議会環境建設委員会で示された。公園の使用基準の内規に、デモの出発地として使える条件として「学校、教育施設、商店街に近接していない」の項目を加える。これにより8月以降、柏木、花園西、西戸山の3園がデモの出発地として使えなくなり、新宿中央公園(西新宿2)の1園のみに制限される。

 区は「周辺町会や商店会から、デモによる周辺の交通制約、騒音で迷惑しているので制限してほしいという要望を受けた」と説明。「ヘイトスピーチを一つのきっかけとして総合的に行った」として、区民の憩いや交流の場となる公園の機能保全と周辺住環境などに配慮したという。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです