連載

欧州ニュースアラカルト

ブリュッセル支局の八田浩輔特派員が、国際ニュースの速い流れに埋もれてしまいがちな欧州の話題を分野問わず取り上げます。

連載一覧

欧州ニュースアラカルト

難民シェフに厨房を開放 人気レストランが考える支援の方法

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シリア難民のザイトニさん(中央)に厨房を開放したレストランLe Local共同経営者のベルジェさん(左)とシェフのペラヒアさん=ブリュッセルで2018年6月20日午後5時51分、八田浩輔撮影
シリア難民のザイトニさん(中央)に厨房を開放したレストランLe Local共同経営者のベルジェさん(左)とシェフのペラヒアさん=ブリュッセルで2018年6月20日午後5時51分、八田浩輔撮影

 午後7時のオープンを1時間後に控えて店内の空気が張り詰めてきた。繁華街から少し離れたブリュッセル市内の小さなレストラン「Le Local」。ゲストシェフとしてこの夜の厨房(ちゅうぼう)を仕切るムニル・ザイトニさん(32)は、シリア内戦の激戦地アレッポ出身の料理人だ。ベルギーで難民認定された家族を頼ってブリュッセルへ来て、まもなく1年を迎える。それまではドバイのレストランやホテルの厨房で10年近く働いていた。

 共同経営者でシェフのローラ・ペラヒアさん(28)は、ザイトニさんのサポート役に徹していた。

この記事は有料記事です。

残り2921文字(全文3173文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集