メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州ニュースアラカルト

難民シェフに厨房を開放 人気レストランが考える支援の方法

シリア難民のザイトニさん(中央)に厨房を開放したレストランLe Local共同経営者のベルジェさん(左)とシェフのペラヒアさん=ブリュッセルで2018年6月20日午後5時51分、八田浩輔撮影

 午後7時のオープンを1時間後に控えて店内の空気が張り詰めてきた。繁華街から少し離れたブリュッセル市内の小さなレストラン「Le Local」。ゲストシェフとしてこの夜の厨房(ちゅうぼう)を仕切るムニル・ザイトニさん(32)は、シリア内戦の激戦地アレッポ出身の料理人だ。ベルギーで難民認定された家族を頼ってブリュッセルへ来て、まもなく1年を迎える。それまではドバイのレストランやホテルの厨房で10年近く働いていた。

 共同経営者でシェフのローラ・ペラヒアさん(28)は、ザイトニさんのサポート役に徹していた。

この記事は有料記事です。

残り2921文字(全文3173文字)

八田浩輔

ブリュッセル支局 2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。Twitter:@kskhatta

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです