メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外カジノ法が成立 ギャンブル依存症批判の中
働き方改革関連法

「高プロ」創設 「使用者都合の法律」 国会傍聴の過労死遺族

参院本会議で働き方改革関連法が与党などの賛成多数で可決、成立時、遺影を手に議場を見つめる寺西笑子さん(前列左から2人目)、高橋幸美さん(同3人目)ら=国会内で29日午前11時46分、川田雅浩撮影

 「絶望した」「情けなくて、悔しい」。29日の参院本会議で成立した働き方改革関連法。「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)の創設に強く反対し、連日のように国会に足を運んできた過労死の遺族たちは、ハンカチで涙をぬぐい、唇をかみしめた。議員が退出した後の議場をぼうぜんと見つめていた。【蒔田備憲、市川明代】

 「奈落の底に突き落とされました」。寺西笑子さん(69)は、49歳で過労自殺した夫の遺影を傍聴席に持…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文562文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. 練習ミス 罰マラソンで中2男子が熱中症 大津
  3. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  4. 猛暑 教室のTVで終業式 体育館や校庭避ける 愛知
  5. 千葉地裁 ディズニーリゾートでパワハラか 契約社員提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]