メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる鉄路

経営再生策示さず 道議会特別委、JR北社長ら参考人招致 /北海道

 JR北海道の路線見直し問題を議論する道議会地方路線問題調査特別委員会は28日、同社の島田修社長ら幹部を参考人として招致した。委員からは経営再生の具体的な道筋について質問が相次いだが、JR側は「国の支援内容が明らかになってから示したい」と語るにとどまった。

 この日の委員会で、道が3月にまとめた交通政策総合指針で維持の検討・努力をするとした8線区(区間)の廃止の可能性に島田社長が言及したことへの批判が噴出。島田社長は「支援効果検証後の選択…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです