メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

「配偶者救済の先例に」 道内2例目提訴 /北海道

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき人工妊娠中絶や不妊手術を強いられたとして道央在住の女性(75)とその夫(81)が28日、国に計2200万円の損害賠償を求める訴訟を札幌地裁に起こした。道内では2例目で、中絶を提訴理由にするのも、手術を受けていない家族が原告になるのも全国初。弁護団は道内で声を上げるケースが今後増えてくることを期待している。【源馬のぞみ、日下部元美】

 道内では少なくても2593人が不妊手術を強制され全国最多。今回の提訴では配偶者が原告に加わっており…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文691文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです