メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊 有志で「弁護団」発足 被害者らの相談受け付け /福島

 旧優生保護法(1948~96年)の下、障害者らに不妊手術などが強制されていた問題で、県弁護士会所属の弁護士有志が28日、福島市内で記者会見し、「優生保護法被害福島弁護団」を発足させたと発表した。被害者や家族から国家賠償請求訴訟の相談を受け付けたり、公文書開示請求の手続きを支援したりする。

 弁護団は16人。女性弁護士が3人おり、女性に…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです