メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 有志で「弁護団」発足 被害者らの相談受け付け /福島

 旧優生保護法(1948~96年)の下、障害者らに不妊手術などが強制されていた問題で、県弁護士会所属の弁護士有志が28日、福島市内で記者会見し、「優生保護法被害福島弁護団」を発足させたと発表した。被害者や家族から国家賠償請求訴訟の相談を受け付けたり、公文書開示請求の手続きを支援したりする。

 弁護団は16人。女性弁護士が3人おり、女性に…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです