メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民県議団

「多選自粛は?」 「認識問う決議」案、今議会提出へ 上田知事が会長就任、全国知事会に /埼玉

 上田清司知事が4月に全国知事会会長に就任したことについて、自民党県議団は「全国知事会の認識を問う決議」案を開会中の県議会に提出する方針を決めた。自ら提案した4選自粛を努力義務とする「多選自粛条例」に反する形で知事を続ける上田氏を会長に選んだことへの認識を問う内容。自民は知事会長への就任を「5選に向けた布石では」と反発しており、対立の構図が改めて浮き彫りになった。

 28日の議会運営委員会で明らかにした。自民は県議会の過半数の議席を占めており、来月6日の本会議で提案され、可決される見通し。自民県議団の田村琢実・政調会長は「知事の多選自粛条例違反を世に認識してもらいたい。(可決されれば)知事会と各知事に送付することになるだろう」と話した。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです