ドキュメンタリー映画

従軍慰安婦描く絵本、話題 制作過程の映画上映 北区であす /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 従軍慰安婦をテーマにした絵本「花ばぁば」が、5月の刊行以来じわじわと話題を呼んでいる。著者は韓国の絵本作家、クォン・ユンドクさん。日本での出版は長く見送られていたが、本国での刊行から8年を経て実現した。30日に、絵本の制作過程を描いた映画の上映会が開かれる。

 「花ばぁば」は、慰安婦体験を明かした韓国人女性の証言をもとにした物語。戦争中に少女が感じた恐怖と悲しみを美しいタッチとともに描き、戦時性暴力を静かに告発する。

 作品は日本の絵本作家、田島征三さんらの呼びかけで2007年に始まった「日・中・韓平和絵本シリーズ」の一冊。韓国では10年に出版されたが、版元になる予定だった日本側の出版社が出版を断念し、お蔵入りに。田島さんが出版社を探していたところ、北区の出版社「ころから」(木瀬貴吉代表)が名乗りを上げ、クラウドファンディングで資金を募って出版にこぎつけた。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文612文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集