メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳血管内治療

尽力、横浜の専門医2人が診療科新設 県内の医療水準向上へ /神奈川

 脳梗塞(こうそく)や脳動脈瘤(りゅう)など脳の病気に対し、メスを入れる開頭手術ではなくカテーテル(管)を用いて血管内部から治療する「脳血管内治療」が、横浜市内で広まりつつある。この分野の専門医や医療機関はいまだ少ない中、二つの病院に専門の診療科が相次いで新設された。尽力した2人の専門医は、県全体の医療水準の向上につなげようと意気込んでいる。【国本愛】

 2人は、横浜労災病院(港北区)の戸村九月医師(36)と横浜市立市民病院(保土ケ谷区)の増尾修医師(51)。ともに国内における脳血管内治療の第一人者、昭和大学藤が丘病院(青葉区)の寺田友昭・脳神経外科教授に師事した。

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです