メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千住博展

圧巻17メートルの断崖図 越前和紙で岩肌表現 県美術館 /富山

金剛峯寺の茶の間に奉納予定の壮大な「断崖図」=富山市木場町の県美術館で、青山郁子撮影

 高野山開創1200年を記念し、日本画家、千住博さん(60)が約2年半かけて制作したふすま絵「断崖図」「瀧図」が、富山市木場町の県美術館で国内初公開されている。7月29日まで開催中の「千住博展」のメイン作品で、注目を集めている。

 ふすま絵は、和歌山県高野町高野山の金剛峯寺の茶の間と囲炉裏(いろり)の間に、2020年に奉納予定。千住さんが画業約40年の集大成と位置づけ、高野山など空海ゆかりの地に実際に足を運び、構想を練った。

 総延長約26メートルもある「瀧図」は、千住さんの出世作にして代表作「ウォーターホール」の一環だが、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 令和初 春の褒章670人に
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです