メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井地震70年

「弟も震災犠牲者」 被災後豪雨で衛生悪化、4歳感染症で /福井

信男ちゃんの遺影を手に、地震当時の記憶を語る伊与博子さん(右)と母の藤田きみゑさん=福井市春山2で、大森治幸撮影

 1948年6月28日午後4時13分、福井県丸岡町(現坂井市)を震源とするマグニチュード7・1の激しい揺れは、戦後復興の途上にあった石川との両県に犠牲者3769人、全壊家屋3万6184棟の甚大な被害を与えた。95年の阪神大震災まで戦後最大の被害があったとされる福井地震から28日で70年。各地では遺族らが亡き人に祈りをささげ、防災の教訓も胸に中学生が避難訓練に臨んだ。【大森治幸、岸川弘明、塚本恒】

 仏壇の位牌(いはい)に刻まれた命日は70年前の「あの日」ではない。福井地震の惨禍をくぐり抜けてなお…

この記事は有料記事です。

残り1992文字(全文2241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

  5. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです