メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

下呂で81人一時孤立 断水や休校も 中濃、飛騨南部 /岐阜

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり、県内は27~28日にかけ、中濃や飛騨南部で局地的大雨に見舞われた。下呂市濁河地区で県道に土砂が流れ込み、宿泊客や住民ら81人が一時孤立した。同日午後3時現在、けが人は報告されていない。

 県によると、下呂市の馬瀬西村地区で林道に架かるコンクリート橋・水道管が土石流で流失、最大64世帯で断水した。断水は午後3時現在も6世帯で続き、市が飲料水の配布や給水車で対応している。下呂市小坂地区では小坂川と大洞川の合流地点付近で護岸が崩壊。7世帯22人が一時、…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  3. 和歌山で新たに3人感染確認 国内初の10代、外科医の息子

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです